読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいきっちゃんの日記

中小企業診断士(一次)→行政書士→養成課程→仮計画(H30~,AP,Web,社労士...)

いい質問を生むための基本姿勢。

[1]相手の反応に注意を傾ける [2]無邪気な好奇心を持って聞く(自分の考え、思いはいったんわきに置く) [3]相手の発言や思いに対してジャッジメントしない [4]素朴な疑問を大切にして質問をする [5]「それはなぜ?」と思考と洞察を深めていく ※視点を変える…

だいきち的チームワークの4原則。

[1やりがいのある目標を見つける。[2]さまざまな意見、活発な議論を奨励する。[3]当事者意識を持ち、その成功に投資する。[4]楽しむ!

一週間が過ぎました。

東京校での授業がはじまって、初めてのお休みを迎えました。 本当に、あっという間の5日間という感じで、昼の授業も夜の交流も過ぎていきました。 それぞれのお立場で診断士として活躍されている講師のお話は、連日ためになりなおかつ刺激にもなっています。…

一生学び続けるモチベーション。

「すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる」 多分、この半年で実際にみにつくことは、かなり限られているのだろうなと感じてます。 ただ、タイトルのようなこと。車でいえばエンジンの部分を、しっかり心身ともにしみこませたい。 養成課程の序盤であるガ…

明日から東京入り。

いよいよ、明日から東京入りとなりました。 今日は、最終準備ということで、休暇をいただいておりまして、朝から荷物まとめて発送の段取りしたり、病院・買物・カット・掃除・給油などなど。ようやく、ひと段落ついたかんじです。 肝心の授業自体は、火曜日…

折り返し地点は、確実に過ぎている。

人生をマラソンに例えるなら、時間的に見ると折り返し地点は、確実に過ぎている。 後半を流すのか、それとも...。 いい歳ですし(笑)無理な目標は続かないので、少し先に設定して、一個一個クリアしていきたいものでございます。 他人から見てどう見えるか…

3年後を見据える。

ここ最近、東京行きに向けた身辺整理的な準備(?)を進めながら、なんとなく東京から帰ってきた後の自分のことについて考えたりする時があります。 短いスパンで見ると、戻ってからのタスクが結構盛りだくさんなので、少し先を見る感じ。で、概ね3年後を設…

同級生からモチベーションをもらった。

今年は、同窓会的なイベントやタスクが多く開催される年になっています。 自分の年齢がそういう頃合いになってきたというのもあるんでしょうね。 (全員ではないけれど、子供がある程度は大きくなったタイミング?) で、何十年ぶりかに同級生にお会いするん…

「あなたは、この一年何をしましたか?」

オノヨーコさんの言葉を、以前「smashmedia(河野武さんのブログ)」で紹介されているのを拝見した時から、自分に問うよう心がけています。 (「年」の部分は、ほかの期間を設定してもよいのかもしれないけど、「年」がちょうどよい気がする) 周りに公言し…

現業務のクロージングと、養成課程の準備(課題)。

東京行きまで、2週間ちょっととなりました。 東京校で使用するテキスト(直近2週間分)は、8割ほど目を通しました。 とりあえず、全部ひと読みした後、事前課題に取り掛かる予定です。 2つ課題があるうち、財務には軽く手を付けはじめているんですが...…

色々あった(?)週末。

先週末は、自分のことではなく、自分の周り(外部環境)で、色々と変化があることを知りました。 自分の半年研修がちっぽけになるとは申しませんが(笑)、みんな色々あるんだなと。 で、予習に関して。日曜日は、午前中はテキスト読み。午後は財務をひさし…

2週間分のテキストが届きました。

先日、2週間分のテキストが届きました。>養成課程 テキストに軽く目を通すと...いよいよという感じがしてきました。 「不安半分、楽しみ半分(楽しみと感じる方が大きいかな)」ではありますが、時間に許す限りしっかり準備を整えて、開講を迎えたいと思っ…

いよいよ3月が近づいてきた。

気づけば、2月も残りあと2日。 2月は、本当にあっという間に感じますねぇ。 3月下旬の、東京への引っ越しに向けた準備は、まだほとんど手つかずといった状況。 基本、独り身で半年だけですので、足りないものに気づいたらあっちで買えばいいや、くらいに…

番号ありました。

また詳細は明日以降に書くとしまして、ひとまず3月下旬からの東京行きがほぼ決まりました。 準備期間は40日ほどということで、多分あっという間かなとも思いますが、ぼちぼち取り掛かりたいと思います。 ではでは、取り急ぎ。

読書メモ - デザイン思考が世界を変える(ティム・ブラウン)。

・重要なのは目の前の課題解決ではなく、方向性を探り示すこと。 ・人間中心の世界観を描く。 ・思考プロセスの上流に、デザイン思考を。 ・デザインは(デザイナーに任せておくには)重要すぎる。 ・課題の冒頭、異分野連携チームを立ち上げる。 ・「着想」…

今を生きる。

「今を生きずにどこを生きる。ここを生きずにどこを生きる。」 日々の雑務に押し流されそうになったとしても、少し先を見て見失わずに、日々を生きたいと思う今日この頃。とりあえず、2/14の結果次第でだいぶこの先が変わってくるので、そこまでは、とりあえ…

心に響く動画を作る7つのコツ。>アマチュア向け

[1]台本を用意する。 [2]ナレーションを利用する。 [3]撮影リストを準備する。 [4]照明・音に注意を払う。 [5]視覚的なリズム・ベースに注意を払う。 [6]早めのフィードバックを得る。 [7]短ければ短いほど良い。

今年(2017年)もよろしくお願いいたします&今年やること(目標)決めました。

年末年始の時間を用いまして、2017年の目標設定をいたしました。という訳で、備忘録を兼ねまして、今回の書き込みに残しておきたいと思います。 [1]「会う」をテーマに、「直接会う機会」を大事にする。 [2]今年3月からの東京(半年研修(予定))で全力出…

行動するための5つの刺激。

[1]助けを求める。 [2]周囲からの圧力を生み出す。 [3]聞き役を集める。 [4]本気でやらない(リラックスしてやる)。 [5]ハードルを下げる。

問題の枠組みをとらえなおす5つのテクニック。

[1]明白な解決策から離れる。 [2]焦点・視点を変える。 [3]真の問題を突き止める。 [4]抵抗や心理的な否定を避ける方法を探す。 [5]逆を考える。

クリエイティブな力を伸ばすために心がけたい8つのこと。

[1]クリエイティブになると決意する。 [2]旅行者のように考える。 [3]「リラックスした注意」を払う。 [4]エンドユーザーに共感する。 [5]現場に行って観察する。 [6]「なぜ」ではじまる質問をする。 [7]問題の枠組みをとら捉え直す。 [8]心を許せる仲間のネ…

「やりたいなあ」とぼんやり思っていることを「実行に移す」ための(オレ的)2つの方法。

「実行にうつすって、なかなかできないですよね」 自分は、年明けにその年の目標をブログで宣言する等(内容はひとまず置いておいて(笑))、比較的そうしたことを心がけるようにしているからか、まれにそんなことをご質問いただくことがあります。 で、ア…

(メモ)ブランディングcafe(景山直恵さん&新山直広さん)。

<直恵さん> ・デザインをしていたが、出産を機に保険勧誘を目指すも、仕事のつながりから、そのまま25年デザイン業界に。 ・15年はひたすら仕事に注力。ブランディング(女社長・バリバリ・やり手) ・デザインコンサル業務(コンサル、ディレクション、…

いよいよか、という感じのことがありました。

いつか来るだろうという出来事ですが、ついに来たかという感じのことがありました(抽象的でですいません)。 いつもの口癖のようになってしまうかもしれませんが、自分以外のことはコントロールできないのが常。 自分は、自分ができることを自分なりに取り…

価値提案ステートメント(ジェフリー・ムーア)。

1.ターゲットユーザーは誰か。 2.彼らの十分に満たされていないニーズは何か。 3.新しい製品・サービスはどのようなものか。 4.ユーザーにとってのメリットは何か。 5.ユーザーは、なぜ競合他社の製品・サービスよりも、それを選ぶのか。

ひとはひと。オレはオレ。

コントロールできるのも、おのれのみ。 資格的な勉強は一息ついてますが、今まで気になっていた本をガシガシ読んで過ごしていますよ。 というわけで、生存報告兼ねまして(笑)しばらくは淡々といきたいなと思います。 ではでは。

読書メモ - 実践デザイン・シンキング(日経デザイン)

・既存の延長ではなく、問題を発見してゼロベースから発想する。 ・「議論の発散」と「議論の収束」 ・[1]小さく生んで大きく育てる[2]全社員を巻き込む[3]成果を出す ・アイディアスケッチの手法(要確認) ・トップを含むチーム全員が、初期段階から方向性…

今後の資格取得方針をおぼろげながら設定しましたのでご報告。

ひとまず、自己採点レベルではありますが「平成28年度行政書士試験」は、多分大丈夫だろうとの前提で、次の目標をぼんやり定められたらと思って過ごしたこの1週間。 色々考えた末、販売士1級試験が診断士(一次試験)を振り返る意味でも、かなりよさげだった…

平成28年度「行政書士試験」を少しだけ振り返る。

タイトルの通り、平成28年度「行政書士試験」を少しだけ振り返ってみたいと思います。 自分が受験直後に感じたのは、以下の3点。 ・一般知識の手ごたえが薄い(≒足切りが怖い)。 ・法令全般に関して、今年難易度が増すという予想だったので、かなりビビって…

意味がないことに意味がある。

資格を取って、何が変わるかといえば、基本的には何も変わらないのだろうなと。 でも、意味がないことに意味があるといいましょうか。 人生は無駄なことに熱中できるからこそ意味があるんだろう、なんてことを思いながら、今日もコツコツがんばりたい所存で…

夢なきものに目標なし。

夢なきものに目標なし。 目標なきものに計画なし。 計画なきものに行動なし。 行動なきものに成果なし。 とあるセミナーの締めとして紹介されておりました。 それ以来、「大なり小なり、何かをなしたいのであれば、つねに心に留めておかねば」と思っているコ…

静かに雪が降り積もるように...。

「テキスト→問題集」の無限ループ(笑)を繰り返す中で、件名の通りな感じで定着しつつあるのを実感しております。 多少の得手・不得手はあるにしても、どの道を学ぼうと思ってもおおむねおんなじような感じなんでしょうね。 結果ばかりはわかりませんが、過…

世界一腰の低い「士業(といっても社内だけど)」を目指したい。

具体的なことをここで書くつもりは全くありませんが、「人の振り見て...」等と申しますように、自分だけはそうならないよう、肝に銘じたいと思う今日この頃でございます。 ではでは、また。

目標は逃げない(逃げるとしたら自分自身)。

ちょっと、ばたばたが続いており、なおかつこれからもしばらく続きそう。 心を失いそうな時などに、タイトルを自分自身への備忘録として残しておきたいと思います。 ではでは、また。 追伸:あと数日でXデーまで100日というところまできました。

地獄への道は善意で舗装されている。

「これは正しいだろう」と信じること自体が悪いということではないはず。 が、「聞く耳」を持つことを、常に意識したいとも強く思います。 ではでは、また。

個人のキャリアの8割は、偶然の連続によって形成される。

下記リンク先のブログで知りました(内容も面白いのでご興味ある方はぜひぜひ)。 logmi.jp スタンフォード大学のグランボルツ教授の理論「計画 的偶発性理論」。 グランボルツ教授は、5つの行動特性→「好奇心」「持続性」「柔軟性」「楽観性」「冒険心」を…

すぐ役に立つことは、すぐに役立たなくなります。

私の言葉ではありません。 橋本武さんといういう国語の先生の言葉です。 1冊の本を3年間かけて読み込むという授業をされていたとのこと。 (言葉だけでなく、実践しているからこそ...ですね) 知識を手に入れるだけでなく、その基礎を得たうえで、何をどう…

おぼろげに見えてきた。

数年後をめどに「ここまではやりとげたい」といった感じの「目標」的なものおぼろげながら見えてきた気がしております。 そして、徐々に自分のことに集中できるようになってきたこともあり「周りがどう。他人がどう。」というのは全く持って気にならなくなっ…

人間はいつ死ぬのか。

自分の中だけですけど、キチンと定義があります。 年齢は関係ないです。 持って生まれた能力も、関係ない。 「人間は、歩みをとめた時に死ぬ」

「知っている」ことにどれだけの価値があるのか。

「知る」ということ自体は、とても大事。 人間は知ることで考えて行動する選択肢を増やすことにつなげることができると思っています。 その半面「知っている」だけでは、価値を生まないとも強く思う。 同じ言葉であっても、実践を伴った人が言う言葉だからこ…

(あらためて)環境は大事だな。

腐ったミカンのくだりではありませんが、やはり周りの環境というのは、大事だなあと今更ながら感じたりしております。 自分、負の影響を受けないことに関しては、かなり強く意識しているつもり。 で、まあそれは置いておいて(笑)、プラスの影響を与えてく…

法は、永遠に未完成である。

多分、どなたでもほんの少し学ぶと気づくのではないかなと。 なぜなら、すべての物事に終局的な判断をくだすことは不可能だから。 法は、時代とともに変化し続ける。 あくまでさわりでしかないのは承知の上で、法を学ぶのが少しずつ楽しくなってきております…

「なにもしない=0」ではない。

人生とは、川を上っていくようなものと思っています。 そういった意味で「なにもしない=マイナス」であることを、日々意識しておきたい。 自分に勝ちたい。相手に勝ちたい。 願う・祈るのは簡単ですが、どのような目標であったとしても、なにもしなかったら…

「やれ」という前に「やれ」。

「人を動かす」という言葉自体があまり好きではありませんが、もしそう思うのであれば、自らタイトルのことを意識し実践することが、最も近道なんだろうなと。 残り200日を切った自分自身に向けた言葉として、ちょっと記しておきます。 (自分は、おもに…

(ブログは書いてないけど)元気にやってます。

仕事内容が100%変わったということで、日々ちょっと余裕がない感じ。 とはいえ、最低限のタスクは、一応キチンとこなしておりますですよ。 (勉強量も、おおむね横ばい程度にはキープしてます) 11月の本番(行政書士試験)までには、ある程度ペースも…

急転直下(異動的なお話)。

当方も組織に属する人間。 そして、組織に属する人間の宿命ともいえる「異動」が発表されました。 で、結果としまして、部署・所属自体の異動は全くありませんでした。 が、担当する業務に関して、「100%」今までと中身が入れ替わることになりました。 …

行政法をぐるぐると。

ちょっとご無沙汰感があって恐縮ですが、諸所とどこおりなく続けております。 行政書士試験に向けた勉強については、ざくざくと問題集を数回・回した後、ちょっと「行政法」を体系的につかみたいなということで、テキスト読みをつづけているところ。 (やは…

子供がいやがる4つのコト。

・強制されること。 ・比較されること。 ・家庭の不平・不満、もめごと。 ・トモダチの悪口。 何かのセミナーを通じて聞いた際、メモして気にかけるようにしてます。 以前から、意識してはいるんですが、今一度ということで。 まあ実際、自分自身が子供のこ…